イベント

トピックス

第5回口頭弁論・被告に反論

第5回口頭弁論が12月6日、午後1時30分より東京地裁・103法廷で開かれました。前回、法律論に終始した被告の提出した準備書面に対して、反論する「原告準備書面2」を裁判所に提出し、法廷ではその要旨が長谷川弁護団長より読み […]

奈良県民の会発足

2021 年 8 月 1 日、奈良県精神障害者家族会連合会、奈良県精神科ソーシャルワーカー協会、奈良県精神障害者地域生活支援団体協議会の 3 団体と研究会個人会員で構成された 『精神医療国家賠償請求訴訟を応援する奈良県民 […]

雑誌『精神医療』第3号発刊

精神国賠を特集した雑誌『精神医療』第3号が出来上がりました。初めての精神国賠関連本として、読み応え十分な内容に仕上がりました。 購入はこちらから(アマゾンのサイトに飛びます) 出版社 ‏ : ‎ (有)エム・シ […]

日弁連、精神障害のある人の尊厳の確立を求める決議採択

日本弁護士連合会は、10月15日、第63回人権擁護大会を開催し、「精神障害のある人の尊厳の確立を求める決議」を採択しました。 この決議は、精神障害のある人を対象とする強制入院制度を廃止すること、入院している人の退院・処遇 […]

第5回口頭弁論

第5回口頭弁論:2021年12月6日(月)13時30分開廷、東京地方裁判所103号法廷 ・会員・支援者は、12時50分までに裁判所ロビーに集合、13時からミーティングを行います。 ・裁判終了後、近隣の会議室に移動して、1 […]

法律論に終始する被告・国。第4回口頭弁論

9月27日16時103法廷で 第4回口頭弁論が 開廷しました。国から準備書面が提出されました。本訴訟に対する反論が行なわれたことになります。 大きく分けて・国会議員の立法不作為に関する主張に対する反論・厚生大臣の不作為に […]

精神医療国家賠償請求訴訟研究会について

わが国の精神医療は入院医療に大きく依存しており、医療費のほとんどが私立精神科病院で使われています。入院医療の質はたびたび国際機関から批判声明が出されるほど、国際水準から見て劣悪といえます。私たちはこの現状を変えるために、国の不作為責任を司法の場で問い、精神医療を抜本的に改革する方向転換をめざしています。この会は、2013 年1月に結成され、精神医療・福祉従事者、弁護士、ジャーナリスト、大学研究者、当事者、家族で、毎月の例会・研究会を開いてきました。現在は、裁判のための法理論構成と歴史の検証に重点を置いて研究活動をしております。

クラウドファンディングにご協力を

第1回口頭弁論

精神病院に閉じ込められたまま人生の大部分を過ごす人たちが多くいます。精神障害を持つ人も地域で暮らせるようにという世界の潮流に逆行した日本の精神医療は、国際的にも大きな批判を浴びて...

続きを読む

日本の精神医療を問う

精神国賠研マーク

わが国の精神医療は入院医療に大きく依存しており、医療費のほとんどが私立精神科病院で使われています。入院医療の質はたびたび国際機関から批判声明が出されるほど、国際水準から見て劣悪といえます。私たちはこの現状を変えるために、国の不作為責任を司法の場で問い、精神医療を抜本的に改革する方向転換をめざしています。

続きを読む

精神医療国家賠償請求訴訟研究会規約

精神国賠研マーク

第1条(名称)この会の名称を「精神医療国家賠償請求訴訟研究会」(略称:精神国賠研)とします。第2条(目的)この会の目的は、我が国の精神医療の現状を変えるための国家賠償請求...

続きを読む

事務局・連絡先

精神国賠研マーク

事務局:新入会・例会開催・郵送物等に関しては、こちらにご連絡ください〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30 日本社会事業大学古屋研究室内精神医療国家賠償請求訴訟研究会 ...

続きを読む

賛同者一覧

精神国賠研マーク

秋山 博子(静岡・焼津市議)浅野 暁子(東京・看護師)芦田 邦子(PSW)阿部  裕(東京・四谷ゆいクリニック・精神科医)新井  満(埼玉・編集制作者)蟻塚 亮二(福島・精神科医...

続きを読む

原告募集

原告募集基準と条件①おおむね1年以上の継続した入院歴のある方②日本の精神医療を良くしたいという意思のある方③研究会の会員になること(入会金3,000円、年会費3,000円...

続きを読む

見て見ぬふりはできない

伊藤時男さん(群馬県・68歳)
日本では、あまりにも社会的入院の患者さんが多いので、その社会的入院を一人でも多くなくしたいと思っています。
私も長く入院していましたが、退院できると思われるのに退院できない人が何人もいました。また、ピア活動をしていて、施設症のようになってしまい退院意欲を失った人もたくさん見てきました。私はそういう現状を見て見ぬ振りをすることはできません。
私の周りには私が裁判することに反対する人もたくさんいます。でも、長く病院にいた私が裁判をすることで、その現状が少しでも変わるのであればと思い、裁判を決意しました。

※伊藤さんの入退院の経過は、NHKのETV特集「長すぎた入院~知られざる精神医療の実態」(2018年2月3日)で放送され、現在もネット上で見ることができます。

相談電話2

03-6820-1198
PAGE TOP