わが国の精神医療は入院医療に大きく依存しており、医療費のほとんどが私立精神科病院で使われています。入院医療の質はたびたび国際機関から批判声明が出されるほど、国際水準から見て劣悪といえます。私たちはこの現状を変えるために、国の不作為責任を司法の場で問い、精神医療を抜本的に改革する方向転換をめざしています。この会は、2013 年1月に結成され、精神医療・福祉従事者、弁護士、ジャーナリスト、大学研究者、当事者、家族で、毎月の例会・研究会を開いてきました。現在は、裁判のための法理論構成と歴史の検証に重点を置いて研究活動をしております。

日本の精神医療を問う

精神国賠研マーク

わが国の精神医療は入院医療に大きく依存しており、医療費のほとんどが私立精神科病院で使われています。入院医療の質はたびたび国際機関から批判声明が出されるほど、国際水準から見て劣悪といえます。私たちはこの現状を変えるために、国の不作為責任を司法の場で問い、精神医療を抜本的に改革する方向転換をめざしています。

続きを読む

精神国賠研規約

精神国賠研マーク

第1条(名称)この会の名称を「精神医療国家賠償請求訴訟研究会」(略称:精神国賠研)とします。第2条(目的)この会の目的は、我が国の精神医療の現状を変えるための国家賠償請求訴訟につ...

続きを読む

事務局・連絡先

精神国賠研マーク

事務局:新入会・例会開催・郵送物等に関しては、こちらにご連絡ください〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30 日本社会事業大学古屋研究室内精神医療国家賠償請求訴訟研究会 ...

続きを読む

賛同者一覧

精神国賠研マーク

秋山 博子(焼津市議)阿部 裕(四谷ゆいクリニック・精神科医)新井 満(編集制作者・鶴ヶ島市)飯島富士男(長野・イイジマ眼科・眼科医)池田 朋広(高崎健康福祉大学准教授)石井章太...

続きを読む

原告募集

原告募集基準と条件①おおむね1年以上の継続した入院歴のある方②日本の精神医療を良くしたいという意思のある方③研究会の会員になること(入会金3,000円、年会費3,000円...

続きを読む

おしらせ

「鳥は空に 魚は水に 人は社会に」訴訟

call4によるクラウドファンディングが始まりました。是非、ご協力をお願いします。 https://www.call4.jp/info.php?type=items&id=I0000068 精神病院に閉じ込められ […]

アベマTVに出演決定

11月11日21時から原告の伊藤時男さんと東谷代表が出演(東谷はZOOMで)します。 テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」 https://abema.tv/ 報道リアリティーショー#アベプラ①ニュー […]

信濃毎日新聞

信濃毎日新聞[信毎Web]に掲載されました。一部引用します。 精神科病院に40年間入院 国を提訴 精神科病院に約40年間入院を余儀なくされ、憲法が定める居住や職業選択の自由、幸福追求権などを侵害されたとして、群馬県の伊藤 […]

東洋経済オンライン

東洋経済オンラインに記事が掲載されました。一部引用します。 精神病院40年入院、69歳男が過ごした超常生活3300万円賠償求め国を提訴、際立つ日本の現実 精神疾患により医療機関にかかっている患者数は日本中で400万人を超 […]

毎日新聞

2020年9月30日毎日新聞より配信されました。一部引用します。 「40年長期入院強いられた」 精神障害者が国に賠償求め提訴「地域医療に転換せず」 国が精神障害者に対する隔離収容政策を改めなかったことで地域で暮らす機会を […]

上毛新聞

上毛新聞に2020年10月2日掲載されました。記事を引用します。 40年間入院「強制で違憲」 太田の元患者男性が国を提訴 精神科病院に約40年間入院を余儀なくされていた群馬県太田市の男性(69)が1日までに、「入院は実質 […]

朝日新聞

朝日新聞に掲載されました。(2020年10月1日)記事の一部を引用します。 40年入院、「精神医療政策の誤り」 統合失調症の男性、国提訴「人権を侵害」 約40年精神科病院に入院した統合失調症の男性(69)が、国の精神医療 […]

問い合わせ電話窓口を開設

精神国賠のホームページを訪れて頂いた方々へ 9月30日に、精神医療国家賠償請求訴訟(第一次)提訴を果たしました。 各新聞社の報道等に接し、このホームページを訪れて頂ける方が、急増しています。 当日の記者会見の模様等は、記 […]

私を「かごの鳥」にしたのは誰 精神科入院40年のなぜ

2020年10月1日 6時30分、朝日新聞デジタルに配信されました。原告の伊藤時男さんを独自取材しています。必読です。 記事の一部を引用します。 ***  約40年精神科病院に入院した統合失調症の男性が、国の精神医療政策 […]

原告から

見て見ぬふりはできない

伊藤時男さん(群馬県・68歳)
日本では、あまりにも社会的入院の患者さんが多いので、その社会的入院を一人でも多くなくしたいと思っています。
私も長く入院していましたが、退院できると思われるのに退院できない人が何人もいました。また、ピア活動をしていて、施設症のようになってしまい退院意欲を失った人もたくさん見てきました。私はそういう現状を見て見ぬ振りをすることはできません。
私の周りには私が裁判することに反対する人もたくさんいます。でも、長く病院にいた私が裁判をすることで、その現状が少しでも変わるのであればと思い、裁判を決意しました。

※伊藤さんの入退院の経過は、NHKのETV特集「長すぎた入院~知られざる精神医療の実態」(2018年2月3日)で放送され、現在もネット上で見ることができます。

ダウンロード

スケジュール

読み込み中... 読み込み中...
PAGE TOP